2011年12月31日

新しい年に希望をつないで

2011年も静かに暮れようとしています。

今年を振り返れば、やはり辛い記憶と向き合わなければなりません。3月の東日本大震災は言うに及ばず、その後も各地で大規模な自然災害に見舞われ、一人ひとりがあたり前と思ってきた普通の生活がいかに貴重でかけがえのないものであったかを痛いほど感じる年でした。


私の住む一ノ宮は計画停電の対象地域でした。暗闇の中で、被災地の不安や苦しみとは比べ物になりませんが、寒さに震える辛さや暗闇の中の不安をほんの少しだけ実感として感じることができました。今もなお懸命に日々の暮らしを続けている皆さんに心を寄せ続けていきたいと思います。


環境の世紀といわれる21世紀になり、自然との共存が言われますが、果たして、私たちの日々の営みは大きな自然の中にほんのひととき間借りしているという謙虚さを忘れてはいなかったでしょうか。物があふれるほどある日常や便利さに慣れた日々の暮らしを見直すことは、口で言うほど簡単ではないと思います。自然エネルギーへの転換についても、一度手に入れた便利さを手放す覚悟なしには、難しいのではないかと思っています。


さて来年は、どのような年になるでしょうか。幸せの基準は一人ひとり違うけれど、「大丈夫、やっていける」って、前向きな気持ちになれるような年になるといいなと思っています。

一年間ありがとうございました。



posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。