2011年03月30日

届け!こどもたちの笑顔に

3月11日の震災から時が止まったようになっていましたが、もうすぐ3月も終わります。4月になるとまた、すべてのものが新しく動き出します。そして被災地の子どもたちも間もなく新学期を迎えます。



先日、くしぶち衆議院議員が被災地の陸前高田市と大船渡市を訪れ、現地で聞き取り調査を行ったと報告がありました。現地では「子どもたちの学びの場の再開を」という多くの声が寄せられたそうです。そこで、くしぶち事務所から新学期に向けて学用品を現地に届けようという呼びかけがありましたので、私も子どもたちに届ける学用品をそろえてくしぶち事務所に託しました。子どもたちが少しでも明るい気持ちになれるよう、かわいいキャラクターのえんぴつも入れました。


一日も早く、子どもたちの学びの場が再開できますように。


posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

せめて今できることを

昨日、今日と計画停電が中止されて、時間を気にせず活動できることに正直ほっとしています。今週は連日の計画停電でしたので、電気が消える時間を考えながら、パソコン作業をしたり、食事の時間をズラしたりと、慌しい日々を過ごしました。


今日は多摩市議会として、市内の三駅(聖蹟桜ヶ丘駅、永山駅、多摩センター駅)で、東北関東大震災被災地救援のための募金活動を行いました。私は桜ヶ丘駅前の活動に参加しました。日中は暖かく久しぶりに停電の心配もなかったので、結構な人出があり、多くの皆さまにご協力いただきました。

聖蹟桜ヶ丘  178,083円
永山      101,491円
多摩センター 111,210円
合計      390,784円

となりました。ご協力くださった皆さま、ありがとうございました。

わたしも地域のみなさまのご不安やお困りごとなどを伺っていますが、被災地に対してなかなか具体的な支援ができない中で、せめて今できることとして、募金活動などを通して被災地支援を呼びかけていきたいと思います。 

posted by めいこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

門出の春に

今日は市立中学校の卒業式でした。私も多摩中学校の卒業式に出席させていただき、159名の子どもたちの門出をお祝いしました。


今日もまた計画停電が行われ、ちょうど卒業証書の授与式の途中に会場の照明が消えましたが、式は滞りなく終了しました。大震災の影響もあっていろいろと準備も大変だったと思いますが、無事に式が終わって、ほっとされたことでしょう。


今日、卒業されたみなさんは、阪神・淡路大震災の年に生まれたとのこと。新しい社会に出てもぜひ、強く生きてほしいと思います。

卒業に寄せて、巣立つ子どもたちの言葉がありましたが、何だかじーんときました。心に残る卒業式でした。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

異例の予算審議

東北関東大震災の影響もあり、議会の日程が大幅に変更になっています。本来5日間の日程で行われる予定だった予算特別委員会は今日一日のみとなり、しかも昼の12時20分から計画停電が実施される前に全ての審議を終えなければならないという制約の中での開催でした。

3月11日の予算委員会初日の各会派総括質疑の最中に震災が起こり、直ちに議会は休会となりました。今日はそのときの総括質疑の続きが行われ、すべての会派が質疑を終えた時点で採決となり、全員賛成して予算は可決、成立しました。


しかし、今日の予算委員会は、市側の出席者は副市長と教育長のみ。質疑も総括的なことにとどめての採決でした。本来は、総括的な質疑の後にそれぞれの予算項目ごとに質疑を行うのですが、それらを省略して採決をおこなったわけで、任期最後の仕事としては極めて心残りです。


この先、不測の事態が起こって、予算が年度内に成立しないなどということになれば、それこそ市民生活に大きな影響を及ぼしますから、今回は、緊急やむを得ない「超法規的」な対応ということで、このような異例の予算委員会になったわけですが、本来であれば政策的な判断の分かれる予算項目ははずして、骨格予算を組むべきだったのではないかと思います。もちろん、それをする時間的、組織的余裕がないだろうということで、こういう事態になったわけですが、今回の予算にはいろいろと議論すべき点があったことも事実。それらを含めて予算に賛成した私たち議会の責任は大変重いと思います。


先日急遽開かれた代表者会議では、今回の予算委員会で充分に質疑できなかったことについて、あらためて質疑の場を設けるよう市長に求める必要があるのではないか、などという意見もでたくらいです。しかし、今回の異例の予算委員会の対応は議会が市側の大変さを思いやって?自ら決定したことであり、質疑の不十分さの責任も含めて、私たちがしっかりと引き受けなければならないのだと思います。


議会としては、議決権の重みは自覚しながらも、予算執行については議会全体としてきちんと意見を言う必要があるだろうという認識は共有していますので、最終日に向けて意見集約の努力をしたいと思います。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

灯りの消えたまちを自転車で・・・

今日の計画停電は、午後3時20分から午後7時の間が多摩市の予定時間でした。昨夜のように日が暮れてからの停電は真っ暗闇になりますが、今日はまだ明るいうちから始まるので、真っ暗くなる時間はわずかだろうと思いながら、夕方の募金活動に向かいました。


民主党23区総支部では、東日本関東大震災の被災地支援のための募金活動を始めています。昨日は聖蹟桜ヶ丘駅前で行いましたが、今日は多摩センター駅前でした。今日は北風が強くとても寒い夕暮れでした。


聖蹟桜ヶ丘周辺は午後3時半過ぎくらいから停電しましたが、夕方5時頃、多摩センターに向かう途中の愛宕付近では、車窓から見た感じでは停電していなかったように思います。夕方6時まで多摩センター駅前で募金を行いましたが、駅の電気もついていたのですでに停電は終わったと思って、聖蹟桜ヶ丘に向かうバスに乗り込みました。途中桜ヶ丘の住宅街の明かりは消え、真っ暗でした。東寺方も真っ暗。駅に向かう川崎街道は、ところどころ信号がついていましたが、警察官が交通整理を行っていました。駅前に自転車を置いてあったので、暗闇の中を自転車で家に戻りました。


強い北風の中、灯りの消えた通りを自宅まで自転車をこぎながら、夜の暗闇を体感しました。いつもは夜とはいっても東京のまちはほとんど一晩中眠らないのですね。


今日の多摩センターの募金活動では、27,721円の義援金が集まりました。ありがとうございました。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

暗闇の中で

それは突然やってきました。
突然の暗闇です。計画停電が実施されました。


本日多摩市を含む第2グループの計画停電は午後6時20分から午後10時の間で行われることになっていました。今朝の定例の駅頭活動でもそのことをお知らせしていましたし、夕方、民主党23区総支部としての募金活動を行った際も皆さんにお知らせを行っていましたので、予想はしていたのですが、予定されている時間帯の「いつ」停電するかはわからず、いきなり電気が切れてしまいました。



夕方6時まで聖蹟桜ヶ丘駅前で「義援金のお願い」を行い、急いで帰宅。食事の支度をしている途中に、お隣の日野市の防災無線の放送が一部地域での計画停電が間もなく始まると伝えているのがかすかに聞こえてきました。

そのときすでに停電の予定時刻は過ぎていたと思いますが、まだ電気はついていて、家族が帰宅したらすぐに食事を始められるように準備をしながら、計画停電の情報を再度確認しようとパソコンを立ち上げたところでした。まもなく、家族が帰宅。「エレベーターは動いていたが念のため階段を昇ってきた」などと会話しながら台所に向かった瞬間、真っ暗闇になりました。

前日用意しておいた懐中電灯をつけて暗闇の中で食事をしました。被災地のみなさんの不安や不便はこの比ではないと思いますが、暗闇の中での食事で被災地のみなさんの不安な日々をほんの少しだけリアルに感じることができました。


窓から外を見るとニュータウン方面は灯りがついている様子。市内でもすべてが停電したわけではないようです。停電は約二時間くらいで終わりましたが、灯りがついたと思ったら、静岡を震源とする大きな揺れがきました。


まだまだ不安な日々が続きます。しかしできるだけ落ち着いて、お互いを思いやってこの日々を乗り越えていかなくては。

ちなみに本日の聖蹟桜ヶ丘駅前では「26,292円」の義援金が集まりました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。


posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

議会日程の変更

本日午後6時20分から予定されていた計画停電の時刻ですが、現在電力供給は続いています。


今朝の計画停電は実施されず、市内は通常通りでした。ただ、京王線は計画停電時間帯は運休(調布から西)となり、朝夕方改札口は混雑していました。

市役所も東日本大震災発生から様々な対応に追われています。市内公共施設は来週22日まで原則休館(閉館)と決定しました。保育園や学童クラブなど一部業務を行うところもありますが、市役所出張所を含めて休館となります。今後、まだ余震の可能性もあり、また計画停電の実施の際の対応等、市役所機能を集中させて、不測の事態も含めて市民の安心・安全のための対応に集中していくとのことです。


本日午後2時から、議会では議会運営委員会が召集され、各条常任委員会委員長も出席して今後の議会日程等につき、協議が行われました。冒頭、市長から「震災発生から職員総出で市民の命を守るために不眠不休で全力を傾注している」旨の報告があり、公共施設の休館等につきご理解いただきたいとの発言がありました。


さて、議会は先日予算委員会初日の総括質疑の途中で休会となったままです。今回は来年度予算の年度内成立を最優先に考えつつ、計画停電の合間をぬっての変則的な議会開催にならざるを得ません。

今後の新たな日程は
16日 代表者会議
17日 予算特別委員会。総括質疑の続きを行った後、採決。答弁者は副市長と教育長ないし教育部長に限定
22日 総務常任委員会と生活環境常任委員会を同時開催(市長提案の議案と陳情審査のみ)
23日 健康福祉常任委員会と子ども教育常任委員会を同時開催(市長提案の議案と陳情審査のみ)
24日 代表者会議、終了後引き続き議会運営委員会
28日 議会最終日、本会議での討論、採決

それぞれ開会時刻は午前10時の予定ですが、停電の場合はその時間を避けて行いますので、時間は変更になる場合あり。


当初は、今週中は議会対応は困難であるとの行政側の意向もあり休会とし、来週集中的に議会を開催するとの案も出されましたが、状況がどう変化するかわからないので、行政側の議会対応を最少限にしつつ、早めに議会審議を進めるという方針に決定しました。

明日以降もいろいろな影響が出るものと思われます。防災無線や市の公式ホームページなどの情報にご注意ください。こういう時だからこそ、お1人おひとりの冷静な対応をお願いいたします。
posted by めいこ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず電力供給は続いています

本日午前9時20分から始まる予定だった計画停電。多摩市はこの時間帯の停電が予定されていましたが、予定時刻になってもとりあえず、電力の供給が続いています。


たった今、東京電力の記者会見があり、「午前9時20分からの計画停電は今のところ実施していない」との発表がありました。電力供給量との兼ね合いでの調整のようですが、おそらくこのまま多摩市には電力が供給されるのではないかと思われます。今晩午後6時20分からの停電については、言及がありませんので、停電が予定されています。


情報が直前に変更されています。どうぞご注意ください。
posted by めいこ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の予算委員会は休会

本日の予算委員会は休会となりました。午後2時から議会運営委員会を開き、今後の日程について協議します。


本日から始まった計画停電。多摩市は間もなく午前9時20分から午後1時まで停電になります。さらに今晩午後6時20分から午後10時までも停電になります。みなさまの日常に生活にも様々な影響が予想されますが、落ち着いて対応し、また急ぎでない外出は極力控えるなど、ご協力もお願いいたします。


市役所の業務にも影響が出ます。電話がかかりにくくなりますし、すぐに対応できないサービスも予想されます。役所もできるだけ影響が出ないように努力していますので、重ねて皆さまのご協力をお願いいたします。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

計画停電がスタート

11日に発生した東日本大震災による福島第一、第二原子力発電所の大規模被災により、地域単位で順番に時間を決めて電力供給を止める「輪番停電」(計画停電)が実施されます。


多摩市は、14日(月)の午前9時20分から午後1時と午後6時20分から午後10時の間にそれぞれ3時間程度停電します。すでに市内には防災無線等でお知らせされましたが、重ねてお知らせします。この間、京王電鉄も運行が止まるようですので、ご注意ください。


なお、この計画停電は、当分の間実施され、前日の夕方に翌日の停電時間が発表されるとのことですので、防災無線などの情報にご注意ください。


本日、午後7時半から議会が緊急召集され、全員協議会が開かれました。今回の大震災の影響で電力供給が大幅に減少します。市役所の通常業務にも影響が予想されますが、どのような影響が出るか今各担当ごとに洗い出しを行っているところです。


明日は、予算委員会が行われる予定でしたが、急遽、休会とし議会運営委員会を召集して今後の議会日程等を協議することが決まりました。


不要な電気は極力消して、省電力の生活を心がけましょう。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

大揺れ・・・

みなさま、ご無事でしょうか。

被災されたみなさまにお見舞い申し上げるとともに、いまだ安否のわからないみなさまのご無事をお祈りいたします。


昨日午後2時46分、東北・三陸沖を震源とするマグにチュード8.8の極めて強い地震が起きました。本会議場では、ちょうど予算委員会開会中で質疑が行われている最中でしたが、休会となりました。急ぎ自宅に戻る人、様子を見る人など議会内も騒然とした様子でした。


私は会派控え室の崩れた書類などを片づけた後、少し様子をみていましたが、余震もあり、市役所来庁者に対しても避難指示が出ましたので、庁舎東側の広場に向かいました。
役所はすぐに災害対策本部を設置。情報収集に努めていました。その後、いったん避難指示が解除され、外に退避した人たちも庁内に戻り始めましたので、私も自宅に戻りました。


近隣の安否を確認したり、遠方に電話連絡をしながら、自宅の片づけをしました。重ねてあった書類や棚の上に置いてあった物の崩れ方を見ると地震の揺れには一定の方向性があったのではないと推測しています。というのは、我が家の場合は食器類が棚から飛び出すということはない一方、結構重量のあるプリンターが横にズレていたりしたからです。


市役所も帰宅困難な方のために、公共施設を開放して受け入れを行ったとの連絡があり、職員のみなさんは手分けして情報収集や対応にあたっています。今朝確認したところによると、パルテノン多摩に約350人、健康センターとヴィータ(関戸公民館)に約100人、ベルブ(永山公民館)に約90人の方が夜を明かしたそうです。

市内図書館は書棚から落ちた本の整理などのために当面休館、その他の公共施設は様子を見ながら開館するそうです。ただ、いろいろなイベントなど、中止になっているものもありますので、お出かけの際はご確認ください。

posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。