2010年11月25日

介護保険制度の行方

今日は国の社会保障審議会の介護保険部会を傍聴してきました。

2000年からスタートした介護保険制度ですが、この10年間で介護を取り巻く社会状況は大きく変わってきました。次回の法改正も迫る中、今後の制度の見直しについての意見がほぼまとまりました。

最後に部会の会長から「包括ケアという将来への希望や介護人材確保などの喫緊の課題の認識は共通しているが、給付と負担のバランスについては議論が紛糾した。各論においては、委員間の意見の隔たりが大きく、両論併記の色彩が濃い」との発言がありました。また、「財源の裏づけのある社会保障ビジョンの策定が求められ、それには政治の強いリーダーシップが必要。介護保険制度誕生の時に厚生大臣として、まさにこの制度の生みの親でもある菅総理の強いリーダーシップを期待する」との発言には、おもわず会場から笑い?がこぼれていました。


厳しい財政状況のなか、長寿社会の安心をどう構築していくのかは、まさに政治のリーダーシップが求められます。介護保険制度だけでなく、年金や医療といった社会保障制度全体を、長寿社会に対応したものに転換していかなければならないと思います。当然制度を持続させるための財源の問題にも目をつぶるわけにはいきませんから、様々なシュミレーションをしながら、私たち自身が選択できるような社会保障ビジョンを打ち出して欲しいと思います。


この審議会には、様々な立場の委員が参加していて、それぞれの立場から発言をするので、両極端の意見が続出する場面も。今回の見なおしの方向は軽度の要介護者へのサービスの切り下げというようなことがいわれていますが、審議会の中では当然それに反対の意見も出されていました。制度全体の持続性を考えるとともに、社会的な支え(その程度は様々だとしても)を必要とする当事者の声に応え得る制度にして欲しいと思います。

何よりも、人生の最後の瞬間まで長寿を全うしてよかったと思える社会をつくりたい。医療が進歩し、私たちは時として自らの意思を超えて生きながらえることができるようになりました。その尊い命の存続に感謝しながら、人生の最後まで社会の一員として包摂されながら心穏やかに暮らすことができたら。だれもが歳を重ねることに無用の不安を抱くことはなくなると思います。


posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

一般質問の通告提出

今日は、12月議会の一般質問の通告書提出締切でした。質問順を決めるくじは5番。ここのところ早い番号ばかり引いている気がします。今日質問を提出したのは24名だったので、質問の順番が初日の最後になるか、2日目のトップになるか、微妙なところです。


今回は、来年度予算編成に取り組む市長の考え方と公文書の管理と活用について質問します。

来年度の予算編成は、現在、庁内で進められていますが、何しろ歳入が大幅な減収の見込みでとても厳しいということだけが伝わってきています。いよいよ、予算の「選択と集中」で、今優先すべきところと、先送りあるいは見直しをするところを明確にしていかなければなりません。阿部市長の具体的な考え方を聞きたいと思っています。


そして公文書の管理と活用については、来年4月の「公文書等の管理に関する法律」の施行を控えて、多摩市の公文書に対する基本的な考え方と今後の課題について聞きたいと思っています。

様々な行政活動の中で作成・収集される公文書は、市民の貴重な共有財産です。特に、市民主権のまちづくりを標榜する阿部市政においては、市民がまちづくりに参画するための手がかりとして、あらゆる面から市政情報の提供、共有を促進していかなければならないと思います。また、市政施行40周年を迎える多摩市にとって、この間のまちづくりの経過など、今しっかりと残しておかないと手元に残らない貴重な資料なども多くあると思います。国は、公文書の保存や廃棄についての統一ルールを定め、現在の行政活動の説明責任を果たすだけでなく、歴史的に重要な公文書を後世に残し、未来の世代に対しても説明責任を果たしていく姿勢を明確にしています。


多摩市の文書管理は、行政内部の「規程」で行われているのが、実情。本来は市民の共有財産の管理をどうするのかということは、市民自身が決定できることが必要ではないかと思います。ということは、条例化が必要ということになりますが、公文書管理条例を制定している自治体は、まだまだ少数。多摩市がすぐに条例化できるとは思いませんが、少なくとも、職員一人ひとりが、公文書の意味とその管理については、市民の共有財産を管理しているという意識をきちんと共有することからはじめないと。一応、現在の規程に基づいて各所管ごとに管理していることになっていますが、実態は、ちょっと大丈夫かなという気もします。現在の手狭な庁舎の限界ももちろんありますが・・・


そして、行政情報の活用という観点からは行政資料室の役割りなども確認したいと思います。図書館の質問では大ベテランの住田議員が私の直前に同じテーマで質問するので、そのやり取りを参考に、質問を考えます。


文書管理について質問すると言ったら、「ずいぶん地味な質問するんだね」と言われました。なるほど、確かに地味な分野かもしれませんね。役所にとっても、とりあえず今やっている事業に追われていて、文書の管理などに余計な手間をかけたくないと言うのは本音かもしれません。でも、ほんとは、文書をどのように管理するのかということは、職場の情報共有、効率化につながり、ひいては市民への説明責任を果たして、信頼される市役所につながる取組みだと思います。担当者が不在だと、問合せに答えられないなんてことがなくなれば、市民にとっては一度で用が足りることになります。まさにホスピタリティの原点ではないでしょうか。




posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

あっという間に過ぎ去りし日々・・・

あっという間に一日が終わり、気がつくと一週間が終わっている・・・という日々の繰り返し。
いつからこんなに忙しくなってしまったのだろう。もう少していねいに暮らしたいと思いつつ、走りながら考える、考えながら走り続ける、そんな毎日を送っている今日この頃です。


先週は13日(土)の午後と夜、そして14日(日)の夜に議会報告会。
明けて月曜日は公文書館の見学に。火曜日は多摩ニュータウン環境組合議会の決算審査。会派打合せと職員と意見交換。水曜日は役所でヒアリング。木曜日は連合三多摩地域協議会の会議に出席した後、市民と意見交換。金曜日は病院と歯医者。土曜日は検査のために再度病院へ。


カレンダーはあと10日くらいで12月になってしまう。来週の水曜日が一般質問の通告締切。月曜日は12月議会の議案説明。23日は祝日ですが、民主党TAMAの議会前懇談を開催します。
14時〜16時、ベルブ永山視聴覚室です。ぜひお越しを!
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

はじめての議会報告会

今日は多摩市議会初の議会報告会の当日でした。

お昼前に桜ヶ丘駅の交番前で、宣伝活動を行い、午後2時からパルテノン多摩で第一回目を開催しました。50名位の市民にご参加いただきました。その後第2回目は夜の7時から永山のベルブホールでの開催でしたが、その合間の時間に来週行われる多摩ニュータウン環境組合議会の打合せをしました。

夜の永山の報告会は、30〜40名位の参加だったでしょうか。夜間の参加者は少ないのではと心配しましたが、午後の回に引き続き参加してくださった方もいらっしゃいました。


さて、報告会は、決算特別委員会と各常任委員会、議会運営委員会のそれぞれの委員長が報告をし、市民のみなさんから質問やご意見を伺うというスタイルでした。委員長以外の議員も参加し、何かしらの役割りを分担しましたが、私は第一回目のパルテノンで記録係を分担しました。


報告者は各会場で同じ内容の報告をするために、事前に原稿を作成しリハーサルも行ったと聞いています。全体としては「きれいにまとまった報告だった」というのが、私の印象です。(私も今日初めて、各委員長の報告を聞きました)帰り際に言葉を交わした方は、「なんとなくフラストレーションが溜まっている感じ」とか「これではあまりやる意味がない」というような感想を述べておられましたが、アンケートにはどのようなお声が寄せられているのでしょうか。


今回は議会基本条例施行(9月8日から施行されました)後初めての報告会で、私たちも不慣れだったので、時間配分や報告内容など、ご参加いただいた皆さんに充分満足いただけなかった部分もあったかと思います。しかし、これはまさに第一歩で、議会と市民が直接意見交換できる場を継続的に作っていくということが大切です。


本日会場で寄せていただいたご意見については、今後の議会活動に生かせるものは、積極的に取り入れていきたいと思いますし、また、今後検討が必要な課題もいくつか提起していただきました。それぞれの会場でいただいたご意見は、議会の中にフィードバックして議論したいと思います。


今日の報告会を終えて、私なりに議会変革に向けた可能性を感じた部分もあるのですが、明日の報告会がおわってからまとめて書きたいと思います。


明日は、午後7時から聖蹟桜ヶ丘駅前のヴィータホール(8階)で行います。ぜひ、ご参加ください。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

タウンミーティング

今日は民主党多摩のタウンミーティング第2回目。永山での開催でした。


民主党は「国民の生活第一」を掲げて政権交代を果たしましたが、地域の中の市民の声をもっと聞く取り組みをしようということで、市内各地でタウンミーティングを開催しています。今日は地元で活動する市議会議員と都議会議員、国会議員が一堂に揃って、市民のみなさんのご意見をうかがいました。


特にこちらからはテーマ設定をせずに、参加してくださったみなさんの質問に答えたり、意見交換できればという趣旨での開催です。限られた時間のなかで、みなさんに参加の意義を感じていただけたかどうかはわかりませんが、こういう場で、みなさんが日頃政治に対して感じていることや思っていることを私たちに伝えていただくことも市民の政治参加の第一歩だと思います。次は、聖蹟桜ヶ丘の地域で開催できればと思っていますので、ぜひ多くの方にご参加いただきたいと思います。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

政治家のパーティー

昨日の夕方から地元のくしぶち万里衆議院議員のパーティーがありました。

昨年多摩市・町田市から国政に送っていただいたくしぶちさんにとっては、初めてのパーティー。どれくらいの方にお集まりいただけるのかと心配していたようですが、多くのみなさんにお集まりいただき、盛会でした。



鳩山前総理や長妻前厚生労働大臣、加藤公一衆議院議員などテレビでもおなじみの民主党国会議員も駆けつけ、それぞの立場からのあいさつがありました。くしぶちさんもすっかり議員が板についてきた感じで、堂々とあいさつしていました。


くしぶちさんは、候補者として活動していた時からご一緒してきたので、国会議員といっても身近な存在ですが、いわゆる政治家のパーティーは私にとっては、決して身近なものではありません。私も何度か出席したことはありますが、別世界という感じです。でも議員になって、こういう得がたい経験をさせてもらっていることには感謝しています。


posted by めいこ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

高齢社会を支える医療の課題は

さわやかな秋晴れ。ようやく気候が安定してきました。


今日は高齢者医療を考える講演会に行きました。

後期高齢者医療制度は、75歳以上の方々を別立ての保険にすることで、年齢による差別だとか、高齢者の切捨てだなどの様々な批判があり、現在見直しに向けて検討されています。


高齢期になれば、若いときより医療の必要性も高まると思いますし、複数の疾病を抱えるということも増えてきます。そういう高齢期の特性に見合った医療制度をどのようにつくっていくのかが、高齢社会の到来にあわせて、考えられなければならないと思っています。高齢者が多くなると医療費が増えるから、財政の側面からその医療費をいかに抑えるかを考えるだけでなく、一人ひとりの「命と健康」に向き合う視点から考えることが何よりも大切です。


私は、これからは高度先進医療も重要ですが、実は予防医療と高齢期の医療と終末期の看取りをとりまく医療をどうしていくのかということが、重要な課題ではないかと考えています。


今までの医療は、どちらかといえば、壮年期の男性モデルを中心に考えられてきたのではないでしょうか。そういう意味では、女性に特有の疾病や男女の性差を考慮した医療の充実も必要だと思いますが、特にこれからの高齢社会を考えると、高齢期に多く見られる慢性的な疾患や複数の疾患と長く付き合いながら暮らしていくことをどうサポートするのか、言い方をかえれば、「完全治癒(直す)」のための医療だけでなく「一病息災(病と上手に付き合う)」ための医療のような考え方も必要ではないかと思います。


高齢者医療を考えるのであれば、予防も含めて、生涯を通して、健康で生き生きと暮らすための医療体制を診療報酬のあり方も含めて議論する必要があります。単に年齢の線引きをどうするのかということではないはずですし、医療費を削減することにばかり目を向けても意味がありません。


だれもが、やがて高齢者になります。歳を重ねることを躊躇わなくてよいような社会を築きたいと思います。
posted by めいこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。